大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

「ハイヒール」について

今回は足に負担がかかってしまう靴の代表、

「ハイヒール」についてです。

 

患者さんでも、

仕事上、仕方なくハイヒールを毎日履いて…

 

外反母趾の痛み・変形、

内反小趾の痛み・変形、

足指の付け根のタコ・ウオノメ、

足指の背側のタコ、

スネ・ふくらはぎのハリ、

等々…

を訴える方が多くいらっしゃいます。

 

ハイヒールは間違いなく、

足が健康的な方にとっても、

「足に負担のある靴」です。

 

でも、

それらの症状は、

靴だけが悪いのではなく、

「足側の問題」

が、大いにあります。

 

  • ハイヒールを履いても、痛みがなく、走れちゃう人
  • ハイヒールを履くと、痛みが起こり、我慢して変形を起こしてしまう人

の2種類に分かれます。

また、靴ではありませんが、

  • バレエをやっても、痛みや変形がなく、どんどん上達する人
  • バレエをやると、痛みが起こり、我慢して変形を起こして、競技を断念してしまう人

の2種類に分かれます。

※バレエ関係の方が、最近患者さんで増えてきました。

 

それらの2種類の大きな分かれ道が、

「足の踏ん張り力」

にあります。

 

足が踏ん張れていないと、

ヒールのかかとの高さから、

靴の中で前方に滑る「縦揺れ」を起こし、

窮屈さから痛みが起こり、

次第に先の細さに合わされて、変形を起こしてしまいます。

 

また、

バレエのつま先立ちやルルベも同様に…

踏ん張れていないと、

足部が、前後や上下に押し潰されてしまいます。

足指の踏ん張る力があることにより、

ハイヒールや

バレエのつま先立ち

という状況下でも、

「自分の重さ」に

「足(前方部)のみ」で

対抗することが出来るのです。

 

補足として、

先の細い靴だけでなく、

幅広の緩い靴も、

靴の中で「横揺れ」を起こし、

足指を縮こまらせたり、

上に浮かせて脱げないようにする

スリッパを履いている時と同様の

「ロック歩行」

をしてしまいます。

これは浮き指の強い原因になります。

 

足に良くない靴は、

足の痛み・変形の要因になりますが、

「足側の問題」

も大いにあるということを注意しなければなりません。

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP