大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

正しい「立ち方」について

当院では

足型・足底圧の測定や、

歩き方、

立ち方を

チェックさせていただいていますが、

 

正しく・自然に 立てている方が

少ないです。

 

当院でのチェックポイントは

「膝の遊び」です。

膝をやわらかく、クッション機能として使えているかということです。

「膝曲げ立ち」を推奨しています。

ほんの少しです。

曲げすぎるとスクワットトレーニングになってしまうので…

膝をまっすぐに突っ立っている状態から、

ほんの少し軽く曲げて、ロックを外すイメージです。

 

「浮き指」、「外反母趾」、「偏平足」等があると

重心が後ろに片寄り、

体の上部でそのアンバランスを補い始めます。

そうすると、膝をまっすぐ、あるいは、

逆に曲がる「反張膝」傾向になり、

長時間その状態では関節に圧力がかかってしまいます。

そして、防御反応として膝裏に

「脂肪」をクッションとして蓄えてしまいます。

※それが脂肪種→ベイカー嚢腫となります。

 

また、骨盤もそれに伴い「前傾」し、

「反り腰」傾向になります。

加えて、おなかが前に出てしまい、

おしりも後ろに出てしまいます。

 

電車で立っている時や、

台所で立っている時、

仕事で立ちっぱなしの時等、

ほんの少し「膝曲げ立ち」を

意識してみましょう!

 

「膝曲げ立ち」をすると、

足裏の重心の位置も

かかと寄りから、自然と前に移動し、

自分の正しい重心位置で立ちやすくなります。

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP