大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

今回は「歩き方」についてです。

 

かかと着地はNG!?

結論から言うと、

「かかと着地はNG!」

なのです。

もっと言うと、

「膝をまっすぐにして、大股歩きするのもNG!」

なのです。

 

一般的によく聞かれるのは、

「かかとから着いて、

小指側に体重が流れて、

最後親指で蹴り出す」

という歩き方です。

 

そうすると、

かかとからの着地により

体への「衝撃」が強くなり、

それを繰り返すと、

負担が蓄積されます。

 

また、

足を突き出す歩き方になり、

膝をまっすぐ伸ばすので、

膝にも強い衝撃がかかります。

 

当院で教えている正しい歩き方は、

「膝を少し(1cmでも)上げる」ように気をつけて、

「足裏の全体で着地」出来るようにします。

 

そして、

自然な歩幅で歩くことにより、

膝に少し遊びが出来、

膝でクッション出来るようになります。

 

加えて、

整足テーピングにより、

足の「踏ん張り力」がついてくれば、

まっすぐ蹴り出せるようになります。

 

また補足として、

胸を張ろうとすると、

不自然に背中が反ってしまうので、

「腕の振りを後ろに引くこと」を意識すると、

自然な胸の張り具合になります。

 

歩き方に限らず、

いたるところに色々な説がありますので、

上記のような「歩き方」を

一度意識して試してみてください!

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP