大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

「成長痛」の正体!

3歳から小学生くらいにかけて、

夜中~明け方に「足(脚)の痛み」を訴えて、

泣き出す子供がいます。

寝ている最中に泣き出し、親が慌てて病院に連れて行くと、

『成長痛』という診断をされることがあります。

 

しかし、

ほんとうに成長していくことに伴う痛みであれば、

すべての子供に起こることになります。

原因がはっきりわかっていない子供の「足(脚)の痛み」に対して、

便利に使える言葉であって、

医学的に内容のはっきりしている名称では無いようです。

 

一般的には、

「骨の成長」に「筋肉の成長」が追い付かず、

筋肉が過度に引っ張られて、骨の付着部に痛みが出るという

①『骨端症』の類か、

日中の運動過多による

②「脚の疲労感」を、

子供は上手く言い表せず、「足(脚)の痛み」として訴えている場合の、

2点が考えられます。

 

当院では、

この「成長痛」を起こす子供と、起こさない子供の差の

【大きな2つの要因】として、

『浮き指』と

それに伴う『反張膝』

があるかどうかを診ています。

 

幼児期は特に足の裏がまだ未発達で、

実はすべての子供が「浮き指状態」になります。

浮き指だと、必ず膝を反って突っ張ります。

 

浮き指で膝がまっすぐ以上に反った状態で、

激しく遊んだり、飛び回ったりするので、

「膝関節への負担」や、

太ももの筋肉、ふくらはぎの筋肉が疲労して、突っ張って、

炎症を起こしてしまいます。

さらに、元気によく走り回ったり飛び回ったりする子供ほど、

この症状が起こりやすくなります。

 

『成長痛』の診断をされると、

初めは解決法が無く、不安に思われるかもしれませんが、

前述のように、

「浮き指」と、それに伴う「反張膝」

という大きな2つの要因がわかると、

安心して子供に適切な治療を、受けさせてあげることができます。

 

日本で唯一の【整足院®️】

柏倉 清孝(かしわぐら きよたか)院長のブログ

 

今回もブログを見ていただき、ありがとうございました。

このブログでは、毎日10人以上の

患者さまの足を診て、治療して、

分かったこと、気づいたことを

これからもシェアしていきたいと思います。

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP