大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

 

「ゆびを開くだけ」の危険性?!

患者さまや同業者に聞くと、

【外反母趾の治療】というと、

「ゆびを開かせる」

「親指を引っ張る」

「親指と2本目の指の間に物を挟む」

と思っている方がほとんどのようです。

 

ゆびを引っ張る、無理に開かせるのは

危険です!

5本の足指の骨をつなぐ靭帯が緩んでしまい、

『開帳足』になっていき、

余計に「外反母趾」「浮き指」「扁平足」になってしまいます。

 

外反母趾治療・浮き指治療で、最も重要なことは……

「締める」ことです!

 

ボクサーが、手(中手部)にバンデージを巻いて、

「怪我の予防」「握力や指に力が入りやすくなる」のと同様に、

足も中足部を締めることにより、足指に力が入りやすくなります。

 

また、足をついて荷重した際に、足の幅は横に2~3cm広がります。

そこで、横アーチ&縦アーチがつぶれ過ぎないように、

適度に中足部を締める必要があります。

 

中足部を締めた上で、

二番目に、ゆびを開かせて使いやすくする必要があります。

あくまでも優先順位の一番は、

「締めること」です。

むしろ、中足を締めるだけでも良いくらいなのです。

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP