大田区・世田谷区に2店舗!「整足院」で足の悩みを最短で解消

顔が小さくて、腕や上半身も細いのに、

骨盤まわりやお尻、太もも、ふくらはぎが、

上半身に対して不自然に太めの方がいらっしゃいます。

 

【下半身が太くなるメカニズム】

「外反母趾」「浮き指」「扁平足」等の

『足裏の異常』があると、

立っている時の土台が不安定であり、

歩いている時に下半身全体に「ねじれ」や「衝撃」の余計な負担がかかってしまいます。

 

足ゆびの踏ん張る力が弱い・足ゆびがしっかり使えていないために、

地面をまっすぐ蹴り出せない『ねじれ歩行』になります。

歩くたびに〔膝〕と〔股関節〕が 外に開くような作用が起こります。

それに対抗して筋肉がついてしまい、

スネやふくらはぎが太くなり、太ももやお尻が太くなります。

 

その筋肉が疲労を起こさないように脂肪を蓄えてしまいます。

歩くたびにそれらの現象の繰り返しで、

どんどんと太くなっていってしまいます。

ねじれ歩行

 

【足との関係性】

「外反母趾」「浮き指」「扁平足」等の

『足裏の異常』があると、

前後・左右のアンバランスを、体の上部が補う形となります。

 

足裏を積み木の1段目とした場合、

1段目が傾いていると、その上は反対にズラしてバランスを取ろうとします。

人間の場合は、1段目に当たる足裏が不安定だと、

バランスを崩さないように、本能的に筋肉を太くすることで補います。

また家の場合でも同じで、もし家が傾いたら、

基礎となる部分の「土台」から正していくということになります。

かかと重心

 

【脚を細くする方法!】

まず第一に、

① 足裏のバランスを整える

※当院では「整足テーピング」による施術と、代用品としてサポーター靴下があります。

要所を締めて、まっすぐ地面を蹴られるようにします。

 

② 膝または股関節を、外に開かないように押さえる

※専用サポーター等により、しっかり押さえます。

 

③ 血行促進

※筋肉が疲労状態だと、余計に脂肪を蓄えてしまいます。

柔軟な筋肉の状態にし、疲労を起こさない状態にします。

 

「整足テーピング」を2〜3回程巻いてみるだけでも、

脚がすっきりして、少し細くなったというお客様のお声を頂いております。

ご自身の脚の太さが気になっていて、色々試してもどうしても細くならないという方は、

「土台の足から整える」当院でのアプローチを試していただきたいです!

今回もブログを見ていただき、ありがとうございました。

 

「整足院」外反母趾・足の痛み専門店 PAGETOP